千葉県の30年産米は、高温多照の天候で生育が早まったことから、早生ふさおとめから晩生コシヒカリ、もち米まで収穫期が重なり、複数の品種が一斉に出回り始めた。
  相次ぐ台風も、生産者に作業を急がせる要因になっている。    

 A卸は場所によって品質にバラつきがあり、全般的に玄米千粒重が軽い。ふさおとめはそれほど悪くは無いが、ふさこがねは背白・腹白の未熟粒が出ており、コシヒカりも一部は腹白や2等米が目立つと説明する、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、、、、、