懇談会の冒頭、主催者を代表して天羽隆政策統括官があいさつ。「一部で検査法を廃止するといった報道もあったが、そのために懇談会を開くわけではない。技術が進歩し、農産物規格・検査を取り巻く情勢が変化する中で、委員の皆さんから忌憚のない意見をいただくことが目的」と、会合の趣旨を説明した。

 情勢説明の中で農水省は、「全国統一的な規格に基づく等級格付けによ。り、現物を確認することなく、大量・広域に流通させる」ことのできる農産物検査の意義や概要を解説した
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、