秋田県横手市の鰍ォずな(斉藤龍平代表)は、地域農業の高齢化の受け皿として、集落営農を契機に開始した水稲・ソバの複合経営を軸に、機械・施設の取得や農作業を積極的に請け負うなどしながら発展している。

 県の『ふるさと秋田農林水産ビジョン』の実現に向けて模範となる活動を展開し、顕著な実績を上げたとして平成27年度の 「ふるさと秋田農林水産大賞」において最高位の農林水産大臣賞・大賞を受賞した 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、