農水省は10月31日、同15日現在でみた令和元年産水稲の作柄概況を発表した。

 前回調査(9月15日現在)以降に生じた台風17号・19号など自然災害の影響も反映し、作況指数は30都道県で前りも低下。全国平均では2ポイントダウンし、作況99の「平年並み」を辛くも維持する形となった。

 平年作の範囲ながら、平成30年産(98)から2年連続で作況100を切る状況へと下方修正された 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、