千葉県の稲作経営者・小関農場(東金市福俵)小関芳徳さんは、地区期待の若手生産者のひとりだ。

 高校卒業と同時に家業の稲作に就農し、すでにキャリアは18年。両親や奥さんも農機によるオペレーター作業などを行うものの、現在は主に芳徳さんが運営全般を取り仕切っている。

  就農当時は6fほどだった経営規模は今年、約4f鉛になった。近隣から、高齢化による体調不良や機械の故障などをきっかけとして、委託が年々増加している。   

  規模が拡大するにつれ、コメの販路もJAのほか、一般消費者、米穀販売業者などに広がりつつある、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、