国内産米に対する業務用向け安定供給への期待が年々高まる中で、新潟県内の生産者と消費地の中食・外食関連企業とのマッチング取引を支援するる平成30年度第2回「新潟来産地プレゼンテーション及び商談会」(以下「新潟米商談会」)が11月20日(火)、大阪で開かれる。このほど関西圏を中心とした参加企業の募集も始まった。

 新潟米商談会では、大口の取引が可能な県内JA・集荷販売事業者から、こだわり米の栽培を行う個人生産者が幅広く参加し、自らが手がけた多様な品種が出品される予定・そのうちの6品種程度を試食・食べ比べする時間も設けられている、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、