Bランク銘柄の市中相場がジリ高基調となっている。全農の相対販売枠が絞り込まれていることもあり、29年産在庫の枯渇に伴って業務用原料の不足感が台頭。手持ちする産地業者への買い打診が増えている模様だ。産地側は安値売りに応じる構えになく、百円玉を1〜2枚乗せた価格で対応している

 埼玉彩のかがやき、栃木あさひの夢など関東産Bランク未検査銘柄は出来秋に1万3.000円中心でスタートし、一時は1万3000円を割り込むムードが漂った、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、