本紙既報の通りJAぎふ(岐阜市)は(農)巣南営農組合(岐阜県瑞穂市)ともに先ごろ、大手コメ卸の木徳神糧梶i東京都中央区)、カレーハウス「COCo壱番屋」を展開する活番屋(愛知県一宮市)の4者で連携し、農研機構が開発した業務用向け多収の中生品種「にじのきらめき(北陸263号)」の契約栽培を進める新たなプロジェクト(PJ)を立ち上げた。

 JAぎふ巣南支店でPJの進発式を開催し、29〜31年産に続く第2期複数年契約に向けた取り組みを開始した
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、