定年を機に就興し、農業委員を務めたことから地域の耕作放棄地の実態を知り、「少しでも地域の維持につながれば」との思いで「(農)かんぱ川」を立ち上げた寺元久郎氏。中国・大連にコメを輸出したり、地域の農家と共同販売もするなど、いまでは地域に欠かせないキパーー・ソンになっている。

 岡山県津山市加茂町は鳥取県に境を接する中国山地の中山間地。1枚当たりの圃場は小さくていびつで、畦畔も高い。一方で水源はすぐ近く、水の郷百選」に選ぱれたほど清涼な水で、昼夜の寒暖差も大きい。良質米作りに適したこの土地を守ろうと、平成24年に集落営農を立ち上げ昨年、法人化を達成した、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、