気象庁は6月25日、7〜9月の3ヵ月予報を発表しt。コメ主産地で水稲が冷害危険期〜出穂期に差しかかる7月は、工ルニーニョ現象の影響などから北日本の低温や東・西日本の多雨を見込ん でおり、懸念要素が多い。一方、8月は回復基調に転じ、平年並みの暑さで夏空が広がる見通し。

 前回予報(6〜8月)における8月予測から上方修正されたもので、収穫期の9月は厳しい残暑を予測している。7〜9月はエ二ーニョの影響で、大陸の温暖なチベット高気圧が弱い見込みだ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、