関東のコメ小売では、想定を上回る数量となった29年産米在庫も今月末前後には消化時期のメドが付く状況が出てきており、ようやく30年産の仕入れを本格化させつつある。

 3年連続の米価上昇に加えての新米相場の小確り感、昨年まで全農から取引数量の削減を受けてきたコメ卸による供給のブレなどから、引き続き調達先の複線化・多様化を進めているようだ。

 関東産新米の品質の低下については、1等米より安い価格で確保できる見込みがあることから、一部には歓迎ムードもうかがえる
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、,、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、