埼玉の鰍らい農産(新井健一社長、行田市長野)は、生産と販売の両方にカを入れている・重労働軽減や若年層の育成・継承をスムーズに行うためドローンやGAP(農業生産工程管理)を取り入れた効率的な営農に取り組み、都内の学校など取引先が距離的に近い立地を生かして交流にも積極的だ。

 新井社長は[若い人に来てもらえるように」と、6年前に法人化した。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、,、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、