本紙・鰹、経アドバイスは、都内のホテルでコメ生産・流通戦略研究会」を開いた。

 玄米輸出・現地精米で実績を伸ばしている鰍vakka japanの出口友洋社長がコメ輸出のポイントや拡大戦略について講演・岐阜大学の荒幡克己教授は政策見直し後の需給と今後の課題などを解説した。

 また相場見通しと新米商戦の要注意点を検証したほか、ザラバ取引への移行、「秋田こまち」の新規上場が行われるコメ先物取引の活用方法についても学んだ。

 研修会には、全国から生産者・農業法人、農協・集荷業者、卸・小売、商社、実需者など約110人が参加。今後の経営戦略を研鑽した、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、