農水省は、令和2年度「水田活用の直接支払交付金」において飼料用米・米粉用米への助成に当たり、複数年契約を基本とする方針にある。契約期間を3年とし、安定的な生産に誘導することを検討している。

 水田活用の直接支払交付金は飼料用米・米粉用米の場合、地域ことに設定する標準単収値からの収量の増減に応じて10e最小で5万5000円、最大で10万5000円を支払う。

 飼料用米・米粉用米の複数年契約に誘導する理由として穀物課は、「配合飼料会社など使用側が安定的な供給を求めている」実態を指摘する、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、 、、、、、、、、、、、