埼玉のコメ集荷販売業者・旧ワ月女米穀(羽生市北荻島)は6日、羽生市内の羽生ワークヒルズで第22回「ほくさい地区稲作勉強会」を開催した

  同社と取引する大規模生産者を対象とする恒例の勉強会で、。肥料・農薬メーカーが高温に打ち勝つ施肥の手法、除草方法など最新の稲作技術を伝授。また都内と新潟のコメ卸も参加し、30年産の埼玉米に強い期待感を示した。


 冒頭のあいさつで五月女浩士社長は、「今年で22回目の開催となるが、この間にコメ流通、稲作技術は大きく変化した」と指摘。同社は商社や肥料業者などの協力を得ながら無人ヘリやドローン、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、