近畿地方は、9月15日現在の作柄が作況指数99の「平年並み」と発表された。

 主産他の北部3府県はいずれも99となったが、現場からは異論が多く聞かれる。例年、作況指数についてはさまざまな意見が噴出するが、今年はとくに現場感覚とのギャップが大きいようだ。

 各JAでは今月初旬現在、予約に対する集荷ご車が8割程度に低迷し見いる所が多い。

 滋賀県北のA農協では、例年は9割に達している集荷車がまだ8割前後にとどまり、最終見込みも「9割にいかないだろう」とみている 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、 、、、、、、、、、、