全国稲作経営者会議は5〜6日の2日間にわたり、愛知県内で第43回 「全国稲作経営者現地研究会in情熱☆あいち」を開催した。

 名古屋市内のホテルで行われた全体会では、愛知県稲作経営者会議の山中光弘会長が開会宣言を行ったあと、全国稲作経営者会議の平石棺会長があいさつ。全国各地で発生している地震や豪雨などによる被災者・地域に向け、「1日でも旱い復旧を願っている」と、お見舞いの言葉を述べた。

 その上で30年産問題や環太平洋経済連携協定 (TPP)によるさらなる貿易自由化など転換期を迎える昨今の農業情勢に言及。会長就任以来、 次世代につながる農業」をテーマに活動し、農水省が行う政策の情報発信を行ってきたことを報告しつつ 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、 、、、、、、、、、、