潟^イワ精機(高井良一社長、富山市開)は18日、同社ビジターハウスで「2018年タイワ新製品発表会」を開催した。

 今回発表したのは、吸引式エア搬送装置「クリーンウインド」の最新モデルとなる搬送能力毎時6dタイプの「Cw−6」(基準搬送距離=水平20×垂直5b。 現行機種に比べ、より高揚程・長距離の搬送に対応するハイスペックモデルとなる。

 吸引ブロワを2台搭載して長距離の搬送に対応しつつ、新開発の「旋回減速」エア減速システムにより、ロータリーバルブ到達時の白米搬送速度を毎秒2・2bまで減速。長距離搬送でも砕米等が発生せず、白米の品質を守り抜く高品質・高能率のエア搬送を実現している) 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、