日本お米向上委員会=橋本隆志・株ェ代目儀兵衛社長)は15日、東京都中央区の「銀座米料亭八代目儀兵衛」で「お米番付2018」の入賞米8種類を選出した。

 今回は過去最高となる全国40都道府県から163品の応募があった。最終審査で社、ミシュラン星付き料理人や世界で活躍するフードコラムニストなど各方面の食スターによる食のプロフェッショナルが審査し決定した。 

  産地銘柄にとらわれず、本当に実力のある地域や生産者を発掘することをコンセプトに行われてきたお米番付は今年で6年目を迎える。

 第1次審査では27人のお米マイスターによる食味審査を行い、12種類のお米を最終的にノミネート、、、、、、、、、、、、、、、、