農匠ナビ1000」(次世代大規模稲作経営革新研究会、研究代表九州大学大学院農学研究院・南石晃明教授)が主催し、農匠ナビー000技術展&シンポジウム『世界視点と農家目線で考えるわが国稲作経営の展望』が先ごろ、茨城県つくぱ市のつくぱ国際会議場で開催された。

 午前に農匠技術展、午後にシンポジウムを開催。技術展では、先進稲作経営4社が結集した農匠ナビ梶i横田修一社長=茨城、級。田農場社長)と九州大学が共同開発した水田用の自動給水機「農匠自動水門(仮称)をはじめ農匠技術パッケージの要素技術を幅広く展示・紹介した
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、