本紙既報の通りJAーIT研究会(今村奈良臣代表委員)が都内で先ごろ開催した第49回公開研究会は、群馬・JA邑楽館林農畜産部長の川崎義之氏が「業務・加工用米を中心とした販売システム・リスク管理」と題して講演した。

 集荷数量の積み上げを目指していち早く開始した全量買取販売の狙いや効率を説明した川崎部長は、リスク管理の必要性にも言及。出荷契約の厳格化とともに導入した独自の集荷促進策、卸・商社から先の実需者まで把握した販売戦略などを語った、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、