外国産米や古米を除いて関東市場で最も安価な原料となる埼玉彩のかがやき・彩のきずなや栃木あさひの夢などの未検査玉は、市中相場の居所に変化がないまま推移している。

 ハシリから現在まで置場1万3000円前後を維持しており、売り手・買い手の双方とも現行価格に魅力を感じていないようだ。売り手・買い手とも強いニーズがないため、変化がない中で均衡を保っている。

 売り手の産地業者にすれば、生産者庭先税込み1万3000円で集荷したケースが多いため、税別の置場1万3000円は崩したくないところだろう、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、